読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little me

本、映画、ドラマ。感じたことをそのままに。

未来のために戦う -"MILK"/「ミルク」

アメリカに来てからの話。お店でハート型のリングケースを見つけた。"MR&MRS"と印字してある。ふと横を見ると、"MR&MR"のものが。その隣には"MRS&MRS"。3通りの組み合わせをあたり前のように用意していた。

アメリカ最高裁が同姓婚を認め、Web画面がレインボーに染まったのが記憶に新しいが、この映画は同性愛者であることを初めて公にカミングアウトした活動家の話である。

ミルク [DVD]

ミルク [DVD]

 

ショーン・ペン主演、ガス・ヴァン・サント監督による社会派ドラマ。自らゲイであることを公表し、マイノリティの社会的地位向上に努めた活動家、ハーヴィー・ミルクの波乱の半生を描く。(Amazon商品紹介より)

主人公が"We are not sick"と演説でうたうところは感動的だ。「僕のことをおかしいって。矯正するために施設に入れられてしまうんだ」と電話をかけてきた車椅子の男の子のように、自然摂理にも神にも背いているとして差別を受けてきた人たちの声が"マジョリティ"に向かっていくうねりは圧巻だった。

ところで、この「未来のために」という姿勢は自分にはどうも欠けていて、反省の多い毎日である。Facebookの創始者Mark Zuckerbergが去年娘が誕生した際に破格の寄付を行ったことで話題になったが、そのときに"A letter to our daughter"という投稿の中でこうしたためていた。

Like all parents, we want you to grow up in a world better than ours today.(中略)We will do our part to make this happen, not only because we love you, but also because we have a moral responsibility to all children in the next generation.

これを読んだ私は「はあ~」と感嘆ともため息ともふぬけの声ともいえる音を出してしまった。自分は自分のことばかり考えていた。子供を産み一時的に海外移住したことでこれまでの生活が一転したが、これからどう子育てと自分の時間との折り合いをつけていこう、キャリアをどう積んでいこう、と悶々としていた。もちろん子供の将来も考えるが、自分の子供にどんな環境と経験を、という範囲での話にすぎない。それがFacebookのCEOたるや、次世代の全ての子供たちの未来のためにわれわれ大人は責任を負っている、と言っているのだ。自分の器の小ささに恥ずかしくなってしまった。

また、未来を創る、未来のために戦う、というときにどうしても個人単位での活動をすぐイメージしてしまう。でも映画の中で主人公がムーブメントを作っていったように、本来は仲間を広げて大きな力で動いたほうがいい。その方が楽しいはず。

うちの赤ちゃんが20歳になる頃、どんな世界になっているといいだろう。自分はどう貢献できるんだろうか。