読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little me

本、映画、ドラマ。感じたことをそのままに。

平穏を求めて極端に走るアメリカ人 -"Eat, Pray, Love" by Elizabeth Gilbert

そのままの題で映画化された(邦題「食べて、祈って、恋をして」)この原作本が、700万部を超える人気作ということで読んでみた。 

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything

 

 イタリアでは食の快楽を求めて食べまくり、インドのアシュラムでは精神性を高めるべく瞑想の日々を送り、バリ島では欲望とスピリチュアルのはざまでバランスを学ぶ…人生をリセットして、自分自身の内面を探求するために旅に出た著者。あらゆることに冷静な視点をもって正直に、ユーモアたっぷりに綴ります。(Amazon商品説明より)

映画はだいぶ軽いタッチの表面的な話になってしまって残念だったが、原作では、作者が離婚や失恋の痛手から立ち直るため自分の内面の探求を図る過程がねっとりしっかり語られている。個人的には、イタリアでの歩き回る生活や、心身を整えようとゆったり過ごすバリでの日々は読んでいて心地よかった。逆に、ヨガ施設にこもってひたすら心と向き合うインド編は景色の変化もなく、ぐったり疲れてしまった。

女性の共感が多いあたり、壁にぶつかりやすい30歳前後で、物理的にぱあっと日常生活を離れたい願望がみんなあるんだろうなあ、分かるなあ、と感じた。自分がもし1年かけて3都市で生活するとしたらどこがいいかな、と想像すると楽しい。行ってみたいリストにある中だとロンドン、スペインのアンダルシア地方、ブエノスアイレスあたり。行った中で生活してみたいと思うのはラオスのルアンパバンやトルコのイスタンブール、京都かな。などなど。

さて、この本の中で普段の疑問にぽっとヒントをくれたことがある。アメリカ人の習性に関してだ。アメリカ人と一口にまとめるのも雑すぎるが、大まかに、とてもポジティブでエネルギッシュ、言葉はストレートでオープンハートな人たちが多いという印象を昔から持っていた。日本人に比べて人生を謳歌するのが上手そうだと。なので渡米してから、ヨガや瞑想、仏教的思想が流行りを見せていて、これまでを否定していきなりハマる人が結構多いという事実に違和感を抱いていた。経済停滞の閉塞感もあるだろうけど、楽しむということが得意そうなのに、なぜストイックに救いを求めるのかなあと。それに対する答えの一部がこの本の中にあった。(イタリア編から以下引用)

Generally speaking, though, Americans have an inability to relax into sheer pleasure.  Ous is an entertainment-seeking nation, but not necessarily a pleasure-seeking one. 

 つまり、自分自身を楽しませ、モチベーションを高く持ち続けようとする習性はある。が、それはヨーロッパの人がバケーションで求めるようなPleasureとは違う。リラックスして静かに今を味わうということが苦手なのである。これによって知らず知らずに疲れを溜めてしまう、と。

なるほど~これは一理ある、と納得した。周りを見ても、特に都市部の人ほどWork hard, Play hard。これに歪みが出たとき、平穏を求めようとしてもやり方が分からないので極端に走るのかもしれない。

これは東京育ちで刺激好きな自分も悩ましいことだ。日常を少し変えて、今を楽しむことに意識を向けるだけで実は大きく変わるのに。極端を楽しむ余裕があるうちはいいが、まずは今日の一歩を変えてみよう。